取得

スポンサーリンク
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時の取得方法

VBAでファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時の取得方法についてご説明します。 VBAでファイルの操作をしていると、フォルダ内に複数のファイルが存在する中から作成日時や、更新日時の最も新しいファイルを取得したいなどの処理に使いま...
コントロール作成/操作

Excel VBA リストボックスのすべてのリストを取得する

ユーザーフォーム上のリストボックスのリストを、すべて取得する方法についてご説明します。 リストボックスは複数のテキストを登録し、その中から選択できる機能のコントロールです。 セル範囲をリストに登録したり、1つしか選択できないよ...
コントロール作成/操作

Excel VBA コンボボックスのテキストとすべてのリストを取得する

ユーザーフォーム上に設置されているコンボボックスの、テキスト部分に入力されているテキストの取得と、登録されているすべてのリストを取得する方法についてご説明します。 コンボボックスは登録されているリストから選択して、選択された文字列を...
コントロール作成/操作

Excel VBA ユーザーフォーム上のリストボックスで選択されている値を取得する方法

ユーザーフォーム上のリストボックスで選択されている値を取得する方法をご説明します。 リストボックスは複数のテキストを登録し、その中から選択できる機能のコントロールです。 セル範囲をリストに登録したり、1つしか選択できないように...
コントロール作成/操作

Excel VBA ユーザーフォーム上のコントロールの数と名前と種類を取得する

ユーザーフォーム上に設置されているコントロールをすべて取得する方法についてご説明します。 コントロールの数が多い場合や、同じ種類のコントロールをまとめて操作したい場合に、一つ一つコントロールを指定して操作していては大変ですので、まと...
図形作成/操作

Excel VBA 図形(オートシェイプ)を取得する方法

VBAで作成済みの図形(オートシェイプ)を取得する方法をご説明します。 図形を取得、操作するにはオートシェイプオブジェクトを取得します。 取得または指定する方法はグラフ等の操作と同様に、番号や名前で出来ます。 オートシェ...
グラフ作成/操作

Excel VBA シートに作成済みの埋め込みグラフ(Chart)を取得する

今回はシートに作成済みの埋め込みグラフを取得する方法をご説明します。 すでに作成済みのグラフを取得する事で、そのグラフを操作する事ができますので使用頻度が高いと思います。 その他グラフ作成方法や、詳細設定方法については次の記事...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA シートの選択、取得、追加、削除

今回はExcelのシートの「選択、取得、追加、削除」についてご説明します。 一般的に「シート」というと、Sheet1とかSheet2などを思い浮かべるかと思いますが、実際にはSheet1やSheet2は「ワークシート(Workshe...
セルの操作

Excel VBA セルのデータを取得する

VBAでセルのデータを取得する方法をご説明します。 セルのデータを取得するには、RangeプロパティもしくはCellsプロパティを使用します。 セルのデータを取得する場合は、取得方法は基本的に一緒ですが、取得したデータをどの様...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました