VBA

スポンサーリンク
セルの操作

Excel VBA セルが結合されているか判定、結合範囲を取得する方法

VBAでセルが結合されているか判定する方法と、結合されている範囲の取得についてご説明します。 セルが結合されているとデータを正常に取得出来ないなど、処理するうえで一工夫必要な場合があります。 セルが結合されている可能性が高いシ...
セルの操作

Excel VBA セルの文字色、背景色を取得する

VBAでセルの文字色、背景色を取得する方法についてご説明します。 セルの文字色や背景色で分岐するなどの、条件分岐を行う際に便利です。 文字色、背景色それぞれの取得方法を順にご説明します。 また、取得した色で分岐する方法も...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA Subプロシージャの()の中の変数の値、参照受け渡し方法

VBAでSubプロシージャの()の中の変数についてご説明します。 プロシージャ間で変数を使用して、値や参照を渡すことが出来ます。 この変数を渡すことで「Public変数」などの広域変数の乱用などを控える事が出来るようになります...
スポンサーリンク
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA Select Caseの使い方とIFとの違い

VBAで分岐する方法として代表的なのが「If」と、この「Select Case」とありますが、この「Select Case」を使った分岐方法についてご説明します。 基本的な使い方から、比較演算の方法などもご説明したいと思います。 ...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ファイルのパスからファイル名を抜き出す方法

VBAでファイルのパスからファイル名を抜き出す方法についてご説明します。 ファイルを操作していると、パスはわかるけどファイル名を抜き出したくなることがあります。 そんな時に便利な方法です。 その他のファイルの操作について...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA 指定したファイルが存在するか確認する方法

VBAで指定したファイルが存在するかどうか、確認する方法についてご説明します。 ファイルを読み込んだり、開いたりする際に指定したファイルが存在しないとエラーになります。 エラー回避には必要となるコードになりますので、覚えておく...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA フォルダ内の最も新しい作成、更新日時のファイルを取得する方法

VBAで作成日時や更新日時の最も新しいファイルを取得する方法についてご説明します。 取得した後の処理として、取得したファイルを開く方法と実行したファイルに読み込む方法についてもご説明したいと思います。 また、作成日時、更新日時...
VBA関数

Excel VBA FileDateTime関数の使い方とファイルの日時取得

VBAの「FileDateTime関数」の使い方についてご説明します。 指定したファイルの作成日時や最終更新日時を取得したい場合に使用する関数です。 指定したファイルの日時の取得から、指定したフォルダ内のファイル全ての日時を取...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA FileSystemObjectでファイル数を取得する方法

今回はVBAで「FileSystemObject(ファイルシステムオブジェクト)」を使用して、ファイル数を取得する方法についてご説明します。 また、拡張子を指定してファイル数を取得する方法についても併せてご説明したいと思います。 ...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時の取得方法

VBAでファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時の取得方法についてご説明します。 VBAでファイルの操作をしていると、フォルダ内に複数のファイルが存在する中から作成日時や、更新日時の最も新しいファイルを取得したいなどの処理に使いま...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA 指定したフォルダ内のファイル数を取得する方法

VBAで指定したフォルダ内のファイル数を取得する方法についてご説明します。 外部のファイルを取得して集計する際などに、いくつファイルがあるか取得したい時があります。 フォルダ内のファイル数を取得する方法は大きく分けて2つありま...
グラフ作成/操作

Excel VBA グラフのタイトルを操作する

VBAでワークシート上にあるグラフのタイトルを操作する方法をご説明します。 グラフのタイトルの表示方法から、文字列、位置、サイズ、色などの操作方法をサンプルでご紹介します。 グラフの操作はオブジェクトの階層が複雑なため、わかり...
グラフ作成/操作

Excel VBA 全てのシート上のグラフを一括で操作する方法

VBAですべてのワークシート上のグラフを一括で操作する方法についてご説明します。 1つのシート上であれば 「Ctrlキー+A」で サイズや位置など一括で操作出来ますが、シートを跨いでしまいますと一括の操作も出来ないため、非常に作業効...
グラフ作成/操作

Excel VBA シート上のグラフを一括で操作する方法

VBAでワークシート上にあるグラフを、まとめて一括で操作する方法をご説明します。 サイズや位置、色などたくさんあるグラフを一括で処理したい事がよくあります。 グラフが1つ、2つであれば手作業でも簡単に変更できますが、グラフがた...
コントロール作成/操作

Excel VBA リストボックスのすべてのリストを取得する

ユーザーフォーム上のリストボックスのリストを、すべて取得する方法についてご説明します。 リストボックスは複数のテキストを登録し、その中から選択できる機能のコントロールです。 セル範囲をリストに登録したり、1つしか選択できないよ...
コントロール作成/操作

Excel VBA 2つの連動するリストボックスを作成する

VBAでユーザーフォーム上にある2つのリストボックスで、連動するリストを登録する方法をご説明します。 1つ目のリストボックスに選択されたリストをもとに、2つ目のリストボックスのリストを生成します。 リストボックスは1つ~複数の...
コントロール作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのリストボックスのイベント一覧と使い方

ユーザーフォームのリストボックスのイベント一覧と使い方についてご説明します。 リストとなる文字列を表示する場合に使用し、選択した文字列を取得もできます。 表示されたリストは、設定次第で1つから複数まで選択可能です。 処理...
高速化

Excel VBA 並び替えと、Findの組み合わせでループ処理速度を改善する

膨大なループや処理により重たい、遅いVBAの処理を並び替えとFindの検索を組み込むことで、ループ回数を減らし処理速度を改善する方法をご紹介します。 高速な構文を使用するのではなく、処理(ロジック)の改善をするという事です。 ...
コントロール作成/操作

Excel VBA コンボボックスのテキストとすべてのリストを取得する

ユーザーフォーム上に設置されているコンボボックスの、テキスト部分に入力されているテキストの取得と、登録されているすべてのリストを取得する方法についてご説明します。 コンボボックスは登録されているリストから選択して、選択された文字列を...
高速化

Excel VBA Replace関数で文字列を高速で置換する方法と速度検証

VBAには文字列を置換するReplaceメソッドとReplace関数があります。 今回はReplace関数を使って高速に置換する方法をご説明します。 この置換という作業はデータクレンジングを行う際に必須と言っても良いくらい使用...
コントロール作成/操作

Excel VBA テキストボックスのAfterUpdateイベントの使い方とChangeイベントとの違い

テキストボックスのAfterUpdateの使い方と、似ているChangeイベントとの違いについてご説明します。 AfterUpdateイベントやBeforeUpdateイベント、Changeイベントなどの更新時に実行されるイベントは...
コントロール作成/操作

Excel VBA コンボボックスとリストボックスを連携させる

コンボボックスのリストから選択された文字列、もしくはコンボボックスのすべてのリストをリストボックスに登録する連携したツールの説明です。 さらにコンボボックスのテキスト部分に入力された文字列で、部分一致したリストに絞り込みする機能も組...
コントロール作成/操作

Excel VBA コンボボックスのChangeイベント リストを部分一致で絞り込み

コンボボックスのテキストを変更すると、入力されているテキストを含んだ文字列のみのリストに変更する方法です。 コンボボックスに登録されているリストの数が少なければ、リストを選択時に探すことが簡単で問題ないのですが、リストの数が多くなる...
コントロール作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのコンボボックスのイベント一覧と使い方

ユーザーフォームのコンボボックスのイベント一覧と使い方についてご説明します。 コンボボックスはリスト機能を持ったテキストボックスです。 文字列を入力したり、入力された文字列を取得もできます。 また、登録されたリストを選択...
コントロール作成/操作

Excel VBA テキストボックスのChangeイベント テキストボックスの値が変更されると実行

ユーザーフォームのテキストボックスの値が変更されると実行される、Changeイベントについてご説明します。 変更されるたびに、単純な計算を行うツールを使って説明します。 今回はテキストボックスのみ使用して、Changeイベント...
コントロール作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのテキストボックスのイベント一覧と使い方

ユーザーフォームのテキストボックスのイベント一覧と使い方についてご説明します。 テキストボックスは文字列や数値を入力、表示する場合に使用します。また、入力、表示されている値の変更が可能です。 テキストボックス自体は単体でもコン...
ユーザーフォーム作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのMouseMoveイベント フォーム上にマウスが移動したら実行

Excelのユーザーフォーム上にマウスが移動したときに実行される、MouseMoveイベントについてご説明します。 MouseMoveイベントは、マウスがユーザーフォーム上に来たときに何らかの処理を行いたい時に使用します。 こ...
ユーザーフォーム作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのInitializeイベント 表示される時に実行

Excelのユーザーフォームを表示するときに実行される、Initializeイベントについてご説明します。 Initializeイベントは、ユーザーフォームが表示されるときに実行されるため、コンボボックスのリスト登録や、リストボック...
ユーザーフォーム作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのActivateイベント アクティブになった時に実行

Excelのユーザーフォームの操作で、ユーザーフォームがアクティブになった際に実行されるイベントについてご説明します。 ユーザーフォームにはいくつかイベントが用意されていますが、その中でもアクティブになった際に実行されるイベントは非...
ユーザーフォーム作成/操作

Excel VBA ユーザーフォームのイベントの種類と記述場所

ユーザーフォームのイベントの説明と使い方についてご説明します。 ユーザーフォームやコントロールは作成、設置した場合に基本的に処理や操作はイベントを使用します。 ユーザーフォームにどのようなイベントがあるか、そのイベントを使う方...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました