2019-04

スポンサーリンク
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA CSVファイルを読み込む「Open~LineInput」

VBAでCSVファイルを読み込む方法をご説明します。 CSVファイルを読み込むには大きく分けて、「Excel同様に読み込む」、「Open」ステートメントを使う方法と、Excelの標準機能の「QueryTable 」を使う方法がありま...
ファイル/フォルダ操作

Excel CSVファイルの正しい読み込み方法

今回はCSVファイルを読み込む方法をご説明します。 VBAではなく手動で「外部データの取り込み」を使用して、読み込む方法です。 CSVをExcelファイルと同じように開くと俗にいう「データが壊れる」現象や、そもそもCSVとは何...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA こどもと一緒にさんすうツール

今回は作成したツールをご紹介します。 遊び心で作ったツールである事はご了承ください。 タイトルの通り、子供と一緒にさんすうの勉強ができるツールです。 このツールをそのまま使うというよりも、こういうものも手軽に作れるという...
スポンサーリンク
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA 指定したフォルダ内のファイルをすべて読み込む

今回は指定したフォルダ内のファイルをすべて読み込む方法です。 別ファイルのシートのデータを転記するのではなく、シートをそのままコピーします。 他のファイルを集計する際などに、別ファイルを操作するよりもVBAが書かれたファイルの...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA 指定したファイルを読み込む

今回は指定したファイルをVBAの書かれたファイルに読み込む方法をご説明します。 別のファイルに入力されているデータを転記するのではなく、シートをそのままコピーします。 他のファイルを集計する際などに、別ファイルを操作するよりも...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA マウスカーソルの位置とセルを連携する

今回はマウスカーソルの位置から、セルを取得する方法をご説明します。 マウスカーソルの位置(座標)を取得する事で、座標に対応するセルを取得することができます。 また、マウスカーソルの位置から、取得したセルのデータを取得して、予め...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ダイアログボックスでファイルを名前を付けて保存する

今回はダイアログボックスを開いて、別ファイルとして名前をつけて保存する方法をご説明します。 別記事で紹介している上書き保存、名前を付けて保存は予め指定されているファイル名で保存する方法ですが、今回はユーザーに保存場所とファイル名を指...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA SaveAsメソッドで名前を付けてファイルを保存する

VBAで指定したファイルを「名前を付けて保存する」方法をご説明します。 上書き保存の時は「Save」メソッドを使用しましたが、名前を付けて保存は「SaveAs」メソッドを使用します。 その他のファイルの保存方法については、次の...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA Saveメソッドでファイルを上書き保存する

今回はファイルを上書き保存する方法をご説明します。 上書き保存するには「Save」メソッドを使用します。 上書き保存といっても、VBAが書かれた自身のファイルを上書き保存する場合や、別のファイルを操作して上書き保存する場合、新...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA Lineアプリにメッセージを送信する

VBAでスマホアプリのLineにメッセージを送信する方法です。 mail等よりも手軽に確認ができて、配信したいグループも指定しやすいなど非常に便利です。 また、VBAの自動処理の完了、エラー、結果報告などにも非常に便利です。 ...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA VLOOKUP関数で一致したデータをすべて取得する

VLOOKUP関数はそのまま使用すると上から順番に検索して、最初に一致した行の参照列の値を取得します。 非常に便利な関数ですが、問題は最初に一致した値しか取得できません。 もし検索値が重複してるデータであった場合、2つ目以降は...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ファイルを開く4つの方法と7つのひな形

今回は、ファイルを開く4つの方法を7つのひな形でご紹介します。 コードのひな形ですので、説明は極力省略します。 詳細については下記記事をご覧ください。 ファイル名を指定してファイルを開く方法ダイアログでファイルを指定して...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA 指定フォルダ内のサブフォルダを全て取得してファイルを開く

今回は指定したフォルダ内のサブフォルダを全て取得する方法をご説明します。 また、取得した全てのサブフォルダ内のファイルを開く方法も併せてご説明します。 その他の方法でファイルを開く場合はこちらをご覧ください。 ファイル名...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA 指定したフォルダ内のファイルをすべて開く

今回は指定したフォルダ内のファイルをすべて開く方法をご説明します。 ネットワーク上のフォルダにも対応した記述となっており、ファイル名は指定せずフォルダのみを指定して同一フォルダ内のファイルを、すべて開きたい場合に便利な方法です。 ...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ダイアログボックスでファイルを指定してファイルを開く

今回はVBAで、ダイアログボックスを開いて指定されたファイルを開く方法をご説明します。 このケースはユーザーにファイルを指定してもらったり、必ずしもファイル名や保存フォルダが固定ではない時に便利です。 また、同じフォルダにある...
ファイル/フォルダ操作

Excel VBA ファイル名を指定してファイルを開く

VBAでファイル名を指定して、ファイルを開く方法をご説明します。 ファイルを開く方法はいくつかありますが、今回はファイル名を直接指定する方法です。 ファイルを開く場合は「Openメソッド」を使用します。 すでに開いている...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA コレクション(Collection)オブジェクトの使い方

今回は「Collectionオブジェクト」についてご説明します。 CollectionはItem(データ)とKey(キー)をセットで格納出来ます。 Collectionは、数値、文字列、オブジェクト等異なるデータ型を格納でき、...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA 処理速度を高速にする方法と比較

今回は処理速度の改善や、高速化方法についてご説明します。 いくつか方法がありますので効果の大きさと、難易度から優先順位を付けて順番にご説明します。 紹介する方法はコーディング次第では、不要になるものもあります。 現在書け...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA COUNTIFSを高速化

Excel関数のCOUNTIFS関数をVBAで高速にする方法をご説明します。 COUNTIFS関数はデータ量が増えると非常に処理、再計算の処理時間が長くなってしまいます。 この「重たい関数」のCOUNTIFSの処理を高速でVB...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA 列のアルファベットと列番号の変換方法

今回は列のアルファベットと列番号の変換についてご説明します。 また、中にはアルファベット表記しか対応が難しい事もあると思うので、アルファベット表記で動的に範囲を指定する方法も併せてご説明します。 今回はスパークラインの機能を追...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA オブジェクトとコレクションの説明とWithの使い方

今回は「オブジェクト」についての説明と、オブジェクトをくくるための「With」の使い方についてご説明します。 「オブジェクト」と言っても、WorkbookやWorksheet、Range等いろいろあります。 オブジェクトの基本...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA 楽天RMS自動ログイン

今回は楽天のRMSに自動ログインするVBAをご説明します。 ※IE操作はソースを変更された場合動かなくなる可能性があります。 楽天RMSに自動ログインするにはVBAでIEの操作をする必要があります。 IEの操作はVBAの...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA セルの挿入、削除

今回はセルの追加(挿入)と削除についてご説明します。 セルを挿入と削除する場合、移動方向の指定が可能です。 複数のセル挿入や削除も併せてご説明します。 セルや列のその他操作は次のページをご覧ください。 ExcelV...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA 列の選択、取得、追加(挿入)、削除

今回はシートの列の選択、取得、追加、削除について、ご説明します。 列の操作には「Columns」プロパティ、もしくは「Range」プロパティを使用します。 それぞれいくつか方法がありますので、一つ一つご説明します。 また...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA UserFormのコマンドボタンでBack(戻る)機能を自作

今回はExcelのユーザーフォームのコマンドボタンで、Back(戻る)ボタンの作成方法をご説明します。 ユーザーフォームを使用してツールを作成していく上で、ある程度の規模のツールになると、ユーザーフォームの数が増えてくるかと思います...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA 行の選択、取得、追加(挿入)、削除

VBAでシートの行の選択、取得、追加、削除について、ご説明します。 行の操作には「Rows」プロパティ、もしくは「Range」プロパティを使用します。 それぞれの操作にいくつか方法がありますので、一つ一つご説明します。 ...
ExcelVBA-実用編

Excel VBA VLOOKUPの複数条件を高速で処理する方法

今回はVLOOKUP関数の検索条件を複数指定する方法をご説明します。 ①作業列が不要な方法と、②作業列を追加してVLOOKUPの数式を使用した方法、さらに③WorksheetFunction.VLookupを使用した方法の3つご説明...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA シートのコピー、移動、表示/非表示、ループ

VBAでシートを操作する方法についてご説明します。 シートのコピー、移動、表示、非表示、ループの方法です。 シートの選択/取得/追加/削除については、「Excel VBA シートの選択、取得、追加、削除」をご覧下さい。 ...
ExcelVBA-基礎編

Excel VBA シートの選択、取得、追加、削除

今回はExcelのシートの「選択、取得、追加、削除」についてご説明します。 一般的に「シート」というと、Sheet1とかSheet2などを思い浮かべるかと思いますが、実際にはSheet1やSheet2は「ワークシート(Workshe...
VBA関数

Excel VBA Join関数の使い方と文字列を結合する方法

今回はJoin関数の使い方についてご説明します。 Join関数は文字列の配列を、区切り文字で結合したい時などに使用します。 文字列を「&」で結合する方法と似ていますが、区切り文字という部分で少し違います。 区切り...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました