Excel VBA セルの文字、背景色を指定する

ExcelVBA-基礎編

VBAでセルの文字、背景色を指定する方法をご説明します。

文字の色は「Font.Color」プロパティで、背景色は「Interior.Color」プロパティで指定できます。

また、色の指定方法には「ColorIndex」と「Color」の2つの方法があり、「Color」には「RGB」、「番号」で指定する方法があります。

ColorIndexはパレットの色の指定をすることになりますが、このパレットはユーザーによって設定を変更しますし、Excelのバージョンによっても違うため、お勧めしません。

RGBで指定する事ができるのであれば、RGBで指定する事をおすすめします。

なお、「RGB」はExcel2007以降でないと指定できません。

その他のセルの装飾は下記記事をご覧ください。

1.セルの文字色を指定する

文字の色は「Font.Color」プロパティで指定します。

色を指定するには「ColorIndex」、「Color」の2つの方法で指定できます。

また、「Color」は色の指定が16進数とRGBの数値を指摘する方法があります。

それぞれのサンプルコードです。

Sub Sample1()

Cells(1, 1).Font.ColorIndex = 3

Cells(2, 1).Font.Color = "&H00FFFF"

Cells(3, 1).Font.Color = RGB(100, 100, 100)

End Sub

2.セルの背景色を指定する

文字の色は「Interior.Color」プロパティで指定します。

色を指定するには文字列同様「ColorIndex」、「Color」、2つの方法で指定できます。

また、「Color」は色の指定が16進数とRGBの数値を指摘する方法があります。

それぞれのサンプルコードです。

Sub Sample2()

Cells(1, 1).Interior.ColorIndex = 3

Cells(2, 1).Interior.Color = "&H00FFFF"

Cells(3, 1).Interior.Color = RGB(100, 100, 100)

End Sub

3.RGBの番号の探し方

RGBは細かく色を指定できる反面、256*256*256もあるため、すべて覚えるのは大変(無理)です。

そこで、RGBの番号の探した方を2つほどご紹介します。

1つは「ネットで検索する」です。

もう一つは、Excelの文字、背景色を設定するメニューにある「その他の色」でご自身で選んだ色のRGBを取得する方法です。

「その他の色」→「色の設定」→「ユーザー設定」で色を指定するとRGBが取得できます。

タイトルとURLをコピーしました