Excel VBA セルのフォントサイズ、種類、表示位置を指定する

ExcelVBA-基礎編

今回はフォントのサイズ、種類、表示位置を指定する方法をご説明します。

Font.Name」「Font.Size」「HorizontalAlignment」「VerticalAlignment」プロパティ等を使用して指定します。

その他のセルの装飾は下記記事をご覧ください。

1.フォントサイズを指定する

フォントサイズを指定するには「Font.Size」プロパティを使用します。

Sub Sample1()

Cells(1, 1).Font.Size = 18

End Sub

2.フォントの種類を指定する

フォントサイズを指定するには「Font.Name」プロパティを使用します。

種類はExcelのメニューにある、フォントの種類を選択する一覧に書かれている文字列を、そのまま指定します。

Sub Sample2()

Cells(1, 1).Font.Name = "MS Pゴシック"

End Sub

3.フォントの位置を指定する

フォント位置を指定するには、水平位置は「HorizontalAlignment」プロパティ、垂直位置は「VerticalAlignment」プロパティを使用します。

Sub Sample3()

Cells(1, 1).HorizontalAlignment = xlCenter '水平位置
Cells(1, 1).VerticalAlignment = xlCenter '垂直位置

End Sub

水平位置

定数説明
xlGeneral標準
xlLeft左詰め
xlCenter中央揃え
xlRight右詰め
xlFill繰り返し
xlJustify両端揃え
xlCenterAcrossSelection選択範囲内で中央
xlDistributed均等割り付け

垂直位置

定数説明
xlTop上詰め
xlCenter中央揃え
xlBottom下詰め
xlFill繰り返し
xlJustify両端揃え
xlDistributed均等割り付け

4.書式を指定する際はWithで囲う

これは好みによりますが、書式を指定する場合に何度も特定のセルを記載する事になります。

そこで、セルをWithで括るとコードが見やすくなります。

Sub Sample4()

With Cells(1, 1)

    .Font.Size = 18 'フォントサイズ
    .Font.Color = RGB(255, 0, 0) '文字色
    .Font.Name = "HGゴシックM" 'フォントの種類
    .HorizontalAlignment = xlCenter '水平位置
    .VerticalAlignment = xlCenter '垂直位置
    
End With

End Sub
タイトルとURLをコピーしました