Excel VBA 複数のセルを選択、指定する方法

セルの操作

VBAで複数のセルを選択、指定する方法についてご説明します。

複数のセルと言っても連続したセルや、離れたセルの選択や指定する方法があります。

また、セルを操作するにはRangeプロパティとCellsプロパティがありますので、それぞれのケースのサンプルコードをご紹介します。

その他のセルの操作については下記記事をご覧ください。

1.連続したセル範囲を選択するコード

まずは連続した複数のセルを選択、指定する方法です。

Rangeプロパティ

(“最初のセル:最後のセル”)とコロンで区切って、それをダブルクォーテーションで囲います。

Sub Sample1()

'連続したセルを選択する
Range("A1:C3").Select

End Sub

また、次のようにカンマで区切って、それぞれのセルをダブルクォーテーションで囲う事で同じように選択できます。

Sub Sample2()

'連続したセルを選択する
Range("A1", "C3").Select

End Sub

Cellsプロパティ

CellsプロパティはRangeプロパティ内の最初のセルと、最後のセルをそれぞれCellsで指定します。

Sub Sample3()

'連続したセルを選択する
Range(Cells(1, 1), Cells(3, 3)).Select

End Sub

2.離れたセルを複数選択するコード

次は離れたセルを複数選択する方法です。

Rangeプロパティ

それぞれのセルをカンマで区切ります。

Sub Sample4()

'離れたセルを複数選択する
Range("A1,B3,C5").Select

End Sub

Cellsプロパティ

Rangeではカンマで区切るだけでしたが、Cellsの場合少し工夫が必要になります。

「Unionメソッド」を使用します。

Sub Sample5()

'離れたセルを複数選択する
Union(Cells(1, 1), Cells(3, 2), Cells(5, 3)).Select

End Sub

3.まとめ

一見するとRangeプロパティの方がコードも短く、特に離れたセルの指定ではCellsのようにUnionも必要としないため、またA1などセルを直感的に取り扱いやすいために、使いやすいと思われます。

ですが、プログラミング的にはループや分岐を行う際にローマ字よりも数字の方が非常に使い勝手が良いです。

実際にコーディングしてみるとわかりますが、Rangeで記述する機会の方が少ない気がします。

慣れるまでCellsが難しく感じるかもしれませんが、ぜひCellsの記述方法を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました