はじめてのExcelVBA マクロ、VBA、VBEの違いと使い方

ExcelVBA-基礎編

これからExcelのVBAを使いたいと思っている方へ。

Excel マクロ」と検索するとマクロ、VBA、VBEと出てくると思います。

まずは、勉強をする前に3つの違いをご説明したいと思います。

特にマクロ=VBAと混同しやすいので、違いについてご理解頂けると思います。

1.マクロ・VBA・VBEの違い

マクロとは?

Excelの標準機能で、操作手順を記録した結果や自分で書いたコード(VBA)を実行して自動で処理出来る「機能」の事です。

VBAとは?

VBAとは「Visual Basic for Applications」の略で、プログラミング言語の1つです。

書かれたVBAが上から順番に実行されます。

VBAを自分で書けるようになるとExcel業務の大半を自動化出来るようになります。

マクロの記録」で記録した内容や、「VBA」で書かれたコードを実行する機能が「マクロ」になります。

「VBAって、どこに書けばいいの?」となりますが、次で説明します。

VBEとは?

VBEとは「Visual Basic Editor」の略で、VBAを書くエディタ(メモ帳みたいなやつ)です。

この「VBE」に「VBA」を書くことで、実行出来ます。

もちろん「マクロの記録」で記録された内容も、このVBEに記録されます。

「じゃあそのVBEってどこにあるの?」ってなりますよね。

VBEを使うにはいくつか方法はありますが、一般的な方法を説明します。

2.VBEの表示方法

まず、Excelを起動します。

Excelを起動したら、開発タブを選択します。

もし、開発タブが表示されていない方は以下の方法で表示出来ます。

・「ファイル」を選択して「オプション」をクリックします。
・「リボンのユーザー設定」をクリックします。
・「リボンのユーザー設定」に表示されるタブ一覧で「開発」にチェックを入れます。

↓図の○で囲んだ部分です。

チェックして、OKをクリックすると開発タブが表示されます。

開発タブを選択すると、「Visual Basic」というアイコンが表示されているかと思います。

「Visual Basic」をクリックするとVBEが表示されます。

もしくは「Alt+F11」のショートカットでも起動します。

ショートカットのほうが楽ですね。

↓のような画面が起動したら成功です。


3.VBAを書くところと実行方法

VBAを書くところ

実はVBEを起動しただけではまだVBAを書けません。

左側のVBAProject(Book1)の下にSheet1(Sheet1)~Sheet3(Sheet3)とThisWorkbookと書かれています。

Sheet1(Sheet1)の様に書かれている場所をシートモジュール、ThisWorkbookと書かれているのがブックモジュールと呼ばれています。

これらのモジュールはそれぞれのシートやブックに関連付いたモジュールになります。

詳細は長くなるため、この記事では割愛します。

今回は上記のモジュールではなく標準モジュールという、シートやブックに関連付いていないモジュールを使います。

基本的なコードと言いますか、大半のコードは標準モジュールに書いていくことになります。

標準モジュールの表示(追加)方法についてですが、簡単です。

VBEのメニューにある「挿入」を選択すると、プロシージャ、ユーザーフォーム、標準モジュール、クラスモジュールと表示されます。

ここで、標準モジュールを選択すると「標準モジュール」のModule1が追加されます。

このModule1をダブルクリックすると右側にエディタが開きコードが書き込める様になります。

標準モジュール以外のモジュールについても、同様の方法で追加出来ます。

VBAの実行方法

コードの書かれているプロシージャ内にマウスカーソルでフォーカスした状態でクリックして再生ボタン(三角形のボタン)かF5を押すと、書かれた内容が実行されます。

4.まとめ

今回はマクロ、VBA、VBEの違いと、実行できる環境までを説明致しました。

最後まで記載通りの手順で操作して頂けると、VBAを実行できると思います。

タイトルとURLをコピーしました