Excel VBA VBEの起動とVBAを書いて実行する

ExcelVBA-基礎編

VBEにVBAを書いて、実行する方法をご説明します。

実際に書いたコードが動くという実感がある方が学習もはかどるかと思います。

VBA?、VBE?という方は、表示方法まで掲載していますので、

「Excelマクロ、VBA、VBEの違いと使い方」をご覧下さい。

1.VBEを表示する

まずはVBAを書くために、VBEを表示します。

開発タブを選択すると、 「Visual Basic」というアイコンが 表示されているかと思います。

「Visual Basic」をクリックするとVBEが表示されます。

もしくは「Alt+F11」のショートカットでも起動します。

マクロを頻繁に使用するようになると、VBEを表示する頻度が高くなりますので、ぜひショートカットを覚えてください。

2.標準モジュールを挿入する

1.でVBEを表示させたら、次は実際にVBAを記載していくモジュールを挿入します。

今回は標準モジュールにVBAを書いていきますので、 VBEのメニューにある「挿入」をクリックして標準モジュールを選択してください。

標準モジュールに、「Module1」が表示されたと思います。

3.Module1にVBAを書く

VBAはモジュールの中に「Sub プロシージャ名 ()」~「End Sub」を1つの単位でコード書いていきます。

「Sub プロシージャ名 ()」~「End Sub」をプロシージャと言います。

次のコードをModule1に記述します。

Sub Sample1() 
MsgBox "おはようございます!" 
End Sub 

この「Sub Sample1()」〜「End Sub」も1つのプロシージャで、実行することができます。

4.コードの説明とVBAの実行

コードの説明ですが、「Sample1」というのがプロシージャ名です。

以下ルールの範囲内で 、プロシージャ名は好きなように決めれる名前です。

  • 頭文字は文字で始まっている
  • スペースまたは英数字以外の文字(「&」や「-」、「_」、「.」等)は使用できない
  • 80文字以内
  • プログラムの予約語またはキーワードを使用することはできない

「MsgBox “おはようございます!”」のMsgBoxは、「””」の中に記載された内容をダイアログボックスに表示する関数です。

「End Sub」はここでプロシージャが終了しました、という意味です。

この「Sample1」のコードにカーソルを移動した状態で実行(F5もしくは実行ボタン)すると、メッセージボックスが表示されます。

MsgBoxはプロシージャがEnd Subまで進んで終了しても、意図的に閉じるまで表示され続けます。

5.まとめ

VBEを表示して、モジュールを挿入し「Sub ○○○ ()」~「End Sub」のプロシージャ単位でVBAを書いて、F5か実行ボタンで実行するという内容でした。

タイトルとURLをコピーしました